解決事例

自動車運転過失致傷罪で送検されたが、不起訴で終結した事例

相談者は四輪自動車で車道を走行していたところ、飛び出してきた歩行者を轢いてしまい、頭部外傷の大怪我を負わせてしまいました。

警察で取調べを受け、書類送検されたことから、前科をつけたくなかった相談者様は当事務所に相談・依頼されました。

弁護士としては、事故現場の状況等から歩行者側に大きな過失があるというべきであり、相談者の運転に悪質性は皆無であることを主張しました。

また、歩行者の方と交渉をして刑事処罰を求めない旨の嘆願書を取得しました(被害弁償は自賠責・相談者加入の任意保険に委ねました)。

以上の主な2つの要素から不起訴処分で終結しました。