恐喝

 1 恐喝罪とは

暴力を加えたり、脅迫することによって、人を怖がらせ、金品等を交付させることです。飲食店の店員に対し異物が混ざっていたと因縁をつけ、お金を支払わせた場合がこれにあたります。恐喝罪の刑罰は10年以下の懲役です(刑法249条)。

「告訴する」、「警察に言う」等と脅して相手を怖がらせ、お金を交付させる場合も恐喝にあたります。相手に対して貸付金や売掛金を持っている場合でも、暴行・脅迫によって相手を怖がらせてお金を回収する場合は恐喝にあたります。

自白・刑事事件の弁護方針

示談をする

検察官は起訴・不起訴の処分を決めるにあたって、示談が成立しているか否かを非常に重視しています。逮捕・勾留された場合であっても、示談が成立すれば不起訴となる場合が多々あります。そのため、被害者との間で示談をまとめることが最も重要な弁護活動となります。たとえ示談が成立する前に起訴されてしまったとしても、判決までに示談がまとまれば、執行猶予となる可能性が高くなります。執行猶予になれば刑務所に入る必要はありません。

2 環境を改善する

友人とつるんで恐喝事件を繰り返していたような場合は交友関係の見直しも必要となってくるでしょう。いずれにせよ環境を改善するためにはご家族の協力が必要です。弁護士がご家族とじっくり話し合い、生活環境を改善していくベストな方法を考えていきます。