解決事例

風俗店で盗撮をした結果として被害届を提出すると脅されたが、弁護士介入により示談が成立した件

ご相談者様は風俗店で性的サービスを受けている様子を風俗嬢に無断で盗撮し、それが発覚したところ、風俗店側から警察に被害届を提出すると脅されていました。

風俗店側と穏便に示談して警察沙汰にはして欲しくないという希望で当事務所に依頼をされました。

風俗店での盗撮行為はいわゆる宮城県迷惑防止条例違反には該当しない可能性が高いですが、軽犯罪法違反には該当しうる案件でしたので、着手金振込確認後に早急に風俗店側に連絡をとり示談交渉を開始しました。
風俗店・風俗嬢側のニーズを聞き取り(相談者様との接触禁止、盗撮動画の流出への懸念など)、当該ニーズを満たせるような形での示談を提案し、その結果として、今後被害届を提出しない旨の示談が成立しました。

風俗店での性的トラブルは多々あるかと思いますので、一人で悩まずに弁護士までご相談ください。