解決事例

【解決実績】盗撮事件・弁護士に自首同行や被害者との示談を依頼して不起訴で終結した案件

【相談前】

相談者様は3年前から頻繁に本屋等で携帯電話のスマートフォンを用いて盗撮行為をしていました。

しかし,被害者に盗撮行為が発覚し,悲鳴をあげられ,逮捕されることを恐れた相談者様はその場から逃亡してしまいました。

相談者様はいつか自分が逮捕されるのではないか不安を覚え,弁護士に相談をされました。

【相談後】

弁護士が相談者様に自首の成立要件やメリット・デメリットを説明をした結果,相談者様は警察署へ自首することを選択されました。

依頼を受けた弁護士は警察署に自首同行をし,事件や自首の経緯の詳細な報告を警察にしました。

相談者様については逮捕等の身柄拘束はせずに在宅で捜査をしていくことになりました。

同時並行で被害者との示談も進めて成立させ,本件は不起訴で終結しました。

【コメント】

自首には成立要件はありますが,逮捕されるか不安を覚える場合は一度弁護士まで相談していただければと思います。