解決事例

勤務先から合計200万円超の商品を横領したが、不起訴になった事例

相談者は、勤務先に発覚するまで同社から合計200万円超の商品を横領し、転売していました。

勤務先がこれを認識し警察に被害届を出したために相談者は警察から呼び出しをされ取調べを受けた後、今後の対応につき弁護士に相談し依頼をしました。

依頼を受けた私は勤務先と交渉をし、勤務先は240万円の提示をしてきましたが、損害額の算定根拠不明瞭な点もあったので、その点を指摘して
解決金として200万円を支払う代わりに被害届を取り下げる旨の示談を勤務先との間に取り交わしました。

当該示談により相談者は不起訴の結果で終結しました。